いつも青山社をご愛顧下さいまして、誠にありがとうございます。
年末年始の発送業務についてご案内申し上げます。

■12月28日(水)・・・通常営業(午前中受付分まで当日発送)
■12月29日(木)~1月4日(水)・・・休業期間(発送業務休止)
■1月5日(木)・・・通常営業(午前中受付分まで当日発送)

なお休業期間中も通常通りご注文いただけますが、発送につきましては新年5日(木)以降となります。

過去のお知らせ

今月の仏教俳句歳時記

たくわへしひげ百日の寒行僧 〔横井博行〕

 日蓮宗の百日の荒行は次のようなものです。
 「日蓮宗の僧侶で正式に『加持祈祷(かじきとう)』ができるのは、千葉県市川市の中山法華経寺内にある日蓮宗大荒行堂(加行所)の修行を、無事につとめ終えた修法師(しゅほっし)だけとされています。荒行の期間は、十一月一日の入行より、年が明けた二月の十日の出行まで、厳寒の百日間です。朝は午前二時五十分に起床、三時に一番水をかぶり、水行はそれから六時・九時・正午・午後三時・六時・十一時の計七回あり、それぞれ七杯の水をかぶります。寒に入ると氷を砕いての水行となります。あとはお経を読む読経三昧の修行です。食事は早朝五時半と夕方五時半の二回だけ。それも箸も立たず顔が写るようなお粥とミソ汁の、いわゆる一汁一菜の粗末なもの。睡眠は一日三時間にも足りません……」(星 光喩 『常に悲感を懐いて』)      

バックナンバー