いつもせいざんしゃ.comをご利用いただきありがとうございます。
令和3年度版年末年始授与品及び、寺院日誌・手帳が発売となりました。詳細は下記より御覧下さい。
【授与品】吉祥飾紙―大判
【授与品】吉祥飾紙―普及判
【授与品】吉祥暦
【寺院用品】寺院日誌
【寺院用品】寺院手帳

¥5,000以上お買い上げのお客さまに、令和3年版の「忌日早見表」をプレゼントいたします。

バックナンバー

今月の仏教俳句歳時記

見納めが母の口癖十三夜   田邊えりな

 旧暦九月十三夜は後の月見と呼ばれて、供物をそなえて名月の鑑賞が行われます。
十五夜と違って中国からの移入によるものでなく、日本で始まった風習といわれ、 延喜十九年(九一九)に、月見の宴が催されたことに始まると言い伝えられています。
 三宝に盛る供え物から、十五夜が芋名月と呼ばれるのに対して、十三夜は豆名月、栗名月などと呼ばれますが、団子や芋も供える所もあります。
 昔から十五夜と十三夜は同じ家で見るべきものとされ、別の所で見るのを片月見といって喜ばれません。新暦では十月半ばになり、夜ともなれば肌寒く、月の光りもより冴えて感じられます。
 十五夜より、いよいよ澄み、冷ややかな感じを与える十三夜は、今生の見納めという気持ちをより強くさせるのでしょう。
  
     

バックナンバー