いつもせいざんしゃ.comをご利用頂き誠にありがとうございます。
現在当サイトで「カートに入れる」をクリックした際、「不正なページ移動です」という画面が表示されるエラーが発生しております。
上記エラーが発生されました際にはお手数ですが、ご使用のウェブブラウザのキャッシュ・Cookieを削除していただきますようよろしくお願いいたします。


謹賀新年
謹んで新春のお慶びを申し上げます。
新年を迎え、社員一同気持ちも新たにより一層尽力していく所存でございます。
本年も倍旧のご愛顧の程お願い申し上げます。
令和二年 新 春

バックナンバー

今月の仏教俳句歳時記

そのあとは子供の声や鬼やらひ 一 茶

 立春の前日は、冬の季節から春の季節への変わり目ということで節分と言いますが、その節分の日に、除災招福をする行事が節分会で、もと中国から伝わったものです。
 この日、煎った大豆を撒いて鬼を追い出し、厄払いをしますが、昔は「追儺」「鬼やらい」といい、毎年の大晦日に行われる宮中の年中行事でした。
 この豆撒きが後に民間に伝わり、各家ではその家の主人が年男となり、「福は内、鬼は外」と唱えながら豆を撒いてゆきます。すると、その後をうけて、また「ふくはーうちー、おにはーそとー」と、にぎやかに連呼するのが子供たち。
 子供たちの声のおかげで、夜の静かな中にも華やいだ気分が家中に満ち、鬼はこんな賑やかな家にいるのはうるさくてかなわんと出てしまいます。

     

バックナンバー