※2017年3月23日10:00追記==================================
サーバーの障害は解消しました。
ご利用の皆様にはご迷惑おかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。
今後ともせいざんしゃ.comをご愛顧いただきますようよろしくお願い申し上げます。
===================================================
いつもせいざんしゃ.comをご利用いただき誠にありがとうございます。
現在サーバーに障害が発生しており、当サイトからの注文ができない状態となっております。
ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご注文はお電話か、FAXでいただきますようお願い申し上げます。
電話 :0120-18-0341  FAX  :0120-25-2772

過去のお知らせ

今月の仏教俳句歳時記

仏生会をさなき顔はみな仏 〔山本輝明〕

 四月八日はお釈迦さまの誕生を祝う日で、灌仏会・仏生会・降誕会・花祭りなど、さまざまな名称で呼ばれています。
 今から2500年ほど前、お釈迦さまはインドの(今はネパール)ヒマラヤのふもと、カピラ城というお城近くのルンビニーの花園でお生まれになりました。生まれたばかりのお釈迦さまは、すぐに七歩歩かれ、右手で天をさし、左手で地をさして「天上天下唯我独尊」(この宇宙の中で唯だ我れ独り尊い)と声高らかに宣言されたといいます。
 しかしこれは何も仏さまだけでなく、生まれたばかりの赤ちゃんは、「オギャー」という泣き声で「唯我独尊」を主張しているのではありませんか。そして幼い子たちは皆、仏さまの性質(仏性)を汚さずにいるから、かわいいのです。      

バックナンバー