¥5,000以上お買い上げのお客さまに、令和4年版の「忌日早見表」をプレゼントいたします。

いつもせいざんしゃ.comをご利用いただきありがとうございます。
令和4年度版年末年始授与品及び、寺院日誌・手帳が発売となりました。詳細は下記より御覧下さい。
【授与品】吉祥飾紙―大判
【授与品】吉祥飾紙―普及判
【授与品】吉祥暦
【寺院用品】寺院日誌
【寺院用品】寺院手帳
※寺院日誌・手帳は8月末頃の発送になります。

バックナンバー

今月の仏教俳句歳時記

居士大姉臘八粥の湯気の中 小坂順子

 十二月八日は、お釈迦様が明星の出る時、はじめて無上の悟りを開かれた日にあたります。
禅宗寺院では、十二月一日から八日の朝まで、釈尊の苦行を偲んで昼夜を通して坐禅し、これを臘八摂心といいます。
 中国で旧暦の十二月を臘月と呼ぶことから、その八日を臘八といい、大寺では五味粥をつくり、これを臘八粥とも温糟粥ともいいます。
寒気のきびしい時節なので、午夜を過ぎて温かい粥を出すのです。
 お釈迦様は、菩提樹の下に禅定して悟りを開く前、河の水で身を清めた後、村の娘が供養してくれた乳粥を飲み、それで元気を回復されたということですが、臘八粥はこの乳粥に通じるものがあると思われます。

     

バックナンバー