今月の仏教俳句歳時記

仏生会をさなき顔はみな仏 山本輝明

 四月八日はお釈迦さまの誕生を祝う日で、灌仏会、仏生会、降誕会、花祭りなど、さまざまな名称で呼ばれています。
 今から二五〇〇年ほど前、お釈迦さまはインドの(今はネパール)ヒマラヤのふもと、カピラ城というお城近くのルンビニーの花園でお生まれになりました。
 生まれたばかりのお釈迦さまは、すぐに七歩歩かれ、右手で天をさし、左手で地をさして「天上天下唯我独尊」、この宇宙の中で唯だ我れ独り尊い、と声高らかに宣言されたといいます。
 しかしこれは何も仏様だけでなく、生まれたばかりの赤ちゃんは、「オギャー」という泣き声で「唯我独尊」を主張しているのではありませんか。そして幼い子たちは皆、仏さまの性質(仏性)を汚さずにいるから、かわいいのです。
  
     

バックナンバー