今月の仏教俳句歳時記

一作善あらず春行く悔みかな 田中田士英

 今年は何か一つでも善いことをしようと年頭に誓ったのに、何も実行できずに春が終わろうとしている、という後悔を述べたもの。
「作善」は仏教語で、「心をこめて善根を積むこと。仏に供養し、僧に施し、像を立て、写経をするなど」(中村元『仏教語大辞典』)
 仏教では「止悪作善」といって、悪い行いをしない止悪と、積極的に善行をおこなう作善があります。それを簡潔に表した教えが次の「七仏通戒の偈」で、すべての仏教徒が守るべき教えです。
 諸悪莫作 もろもろの悪を作すこと莫れ
 衆善奉行 もろもろの善を行い
 自浄其意 自ら其の意を浄くせよ
 是諸仏教 是が諸仏の教えなり
     

バックナンバー