[紙製]陀羅尼袈裟

価格(税込)
4,752

編著
渡辺俊雄(浄書)/下泉全暁(監修)
内容
5部1組
発行日
2007年09月
※この商品はのし・包装サービスの対象外となります。

本書について

 求むるに随って大いにかなうという大随求(だいずいぐ)を袈裟に模した謹製『陀羅尼袈裟(ダラニげさ)』。故人の浄土への旅立ちの経衣や納棺のはなむけとして、また所願成就の御守護として最高の授与品となります。

『陀羅尼袈裟』とは

 上質な和紙を袈裟に模して「光明真言」や「大随求陀羅尼」などの経文全文を梵字で書き下ろして印刷したもので、故人の浄土への旅立ちの餞に、また檀信徒への霊験あらたかな御守りに、布教活動の一助として活用していただくために企画制作しました。
 袈裟は身に着けることにより、悪業や煩悩による妨げを離れて解脱の道を歩むことができるなどの功徳があるので、その功徳と合わせて『陀羅尼袈裟』とした所以です。

「大随求陀羅尼」とは

 「大随求陀羅尼」は、大随求菩薩の三昧の境地の陀羅尼で、インド・西域・中国・日本を通じて広く尊崇され、受持読誦すれば無量の功徳ありとされる長編の陀羅尼です。
 その功徳・霊験は、『密教辞典』によると聴聞の功徳・受持読誦の利益・書写帯持の功徳が述べてあり、また生活上の物質的苦悩を除去し、天災地変の厄を攘い、福徳を招き、罪障を消滅して身心堅固となり、産生求児の益、五穀豊穣、天候を調う等の益あり。さらに出世間の功徳を容易に護得し、堕獄の苦を抜除することを得る、とあります。
 また『大随求陀羅尼経』には、人が亡くなった時に経衣 (経帷子) を身に着ける功徳が次のように説かれています。
 「風、文字を伝えて、その屍に触るれば、光り、阿鼻を照らして、劇苦を免れることを得」
江戸時代には、このような様々な功徳をもつ陀羅尼を肌身に着けることによって、あらゆる願いは思うままに成就し、常に仏様の御守護にあずかることができるとして、御守りとして身に着ける信仰も生まれています。

セット内容

○ご住職用
〔陀羅尼読誦用折本―1冊、解説書―1枚、陀羅尼袈裟用諷誦歎徳文―1枚〕

○檀信徒授与用
〔陀羅尼袈裟―5枚、お授け用封筒―5枚(裏に解説を印刷しています)〕

その他のオススメ商品

曳覆(えふ)曼荼羅

価格(税込): 3,240 円