真言宗教師のための[願文・敬白文・諷誦文・弔辞]作例集

価格(税込)
4,968

編著
新開真堂(稿)
体裁1
菊判(152×180ミリ)
体裁2
上製本、函入、156頁
ISBN
9784-88414-103-5
発行日
2010年04月
立ち読み
PDF

本書について

 前大覚寺門跡の著者が45年間にわたり書き継いだ格調と荘重さを湛えた模範文例44篇を網羅!各種法会敬白文、住職・内室のための弔辞・諷誦文等、最良の手引き書です。座右の一冊にぜひお加えください。

《凡例》──まえがきにかえて

 収録の作例文は総べて著者の旧稿である。
 元は漢文、若しくは漢文調であったが、時代を稽え延べ書きに直して掲載した。
 著者若年の頃からの文章であるが、著者なり代作依頼者なりが、現場に残してきたものは含まれていない。
 従って著者の自坊に残っている控えや、草稿を集めて一本にしたのが本書である。
 文章の配列は凡そ作文順とした。最も旧いものは昭和三十一年、新しいものは平成十三年の作である。ちなみに著者が大覚寺門跡として在任中には、法要で読み上げた願文・敬白文等は、すべて教学部で用意されたものを使用していたために、その間の著者作成になるものは含まれていない。
 語彙に付けた片仮名は、現場で読むときの発音通りとした。怪しむることなかれ。
 本文中のとか○○は、寺名又は氏名等の固有名詞である。これも時代を稽え、個人情報の漏れるのを防いで、出来るだけ無難な方法をとったのである。お粗末なものであるが、青山社の需めに応じて公にした。多少なりとも、諸師の参考にでもなれば幸いである。

本書の内容

  • 各種法会願文・敬白文……7篇
  • 開眼法要願文・敬白文……4篇
  • 地鎮・落慶式表白文……4篇
  • 晋山式・結婚式敬白文……5篇
  • 住職・内室葬儀諷誦文……3篇
  • 檀信徒葬儀諷誦文……4篇
  • 住職本葬弔辞……11篇
  • 慰霊祭達文……6篇