賢者の説黙 〜理趣経の智慧

価格(税込)
5,184

編著
瀧城太郎(著)
体裁1
菊判変形(188×152ミリ)
体裁2
上製本、312頁
ISBN
9784-88414-040-3
発行日
2003年09月

本書について

 限られた人生に於いて、どう生きていけばいいのか。
 今を生きるための智慧と深秘のエネルギーを与えてくれる密教経典『理趣経』を、斬新な意訳(第一部:賢者たちとの遭遇)と、綿密な解説(第二部:理趣経の鑰と鍵)の二部構成で読み解く好著。密教行者必読の書。

本書の構成内容

【第一部、賢者たちとの遭遇】
 身体・言葉・心を歓喜に震わせる真実で清らかな愛を求める「わたし」は、高野山に近い或る寺院の境内で南天の鉄塔に遭遇する。理趣経の世界をクリアでシンプルに表現した物語風の短篇。

【第二部、理趣経の鑰(かぎ)と鍵(かぎ)】
 『理趣経全文の漢訳と和訳(総ルビ付)を掲げた経文篇と、段落ごとに不空三蔵の理趣釈を対照させ、語注と解説を付した解釈篇から成る。特に理趣釈と理趣経本文の段落ごとの対照は、理趣経を読み解くための格好の資となるであろう。(理趣経・理趣釈の読み下しは、先徳の訳を参照しながら新たに和訳)