不動明王 [諸尊別─檀信徒教化シリーズ 1]

価格(税込)
2,160~3,240

編著
下泉全曉(編著)
経本
折本・174×74ミリ・約50頁
解説書
B6判・108頁
発行日
2011年11月
立ち読み
PDF
※この商品はのし・包装サービスの対象外となります。

本書について

 不動明王の功徳を説く経典とわかりやすい解説書のセット。不動信仰の手引書・檀信徒への教化に最適です。

著者の言葉(抜粋)

 お大師さま以後、一千二百年の間、不動明王信仰は全国各地で盛んとなり、不動明王の力強さに引かれて、今日も多くの方々が各地の不動明王霊場をお参りされています。
 さて、不動明王信仰の中核となっているのは、剣や羂索、火炎、垂髪、岩座など十九の図像的特徴をまとめた十九観です。図像と信仰とがこれほどに結びついた仏さまは他にはありません。不動明王の経典にも、図像と功徳をまとめた文章が見られます。
 本書では、十九観と経典について、詳しく説明をほどこし、また、霊験の一端を掲載しました。さらに、功徳を説く経典を日常に読誦いただけるよう、経典を作成しました。どうかこの一書が不動明王信仰の手引きとなり、大勢の皆様が功徳を受けられることを心より願っております。

【経 本】不動明王勤行次第

〈表 面〉
懺悔文/三帰/三竟/十善戒/発菩提心真言/三摩耶戒真言/開経偈/仏説摩訶般若波羅蜜多心経/聖無動尊秘密陀羅尼経(真読)/聖不動経(真読)/三十六童子/八大童子/不動明王真言/高祖大師御宝号/祈願文/回向文

〈裏 面〉
訓読(聖無動尊秘密陀羅尼経/聖不動経)、経典解説(聖無動尊秘密陀羅尼経に説かれる功徳とは/聖不動経が教えるもの)

【解説書】不動明王の功徳

○不動明王とは
不動明王とは/不動明王─力のほとけ/明王とは/不動の菩提心

○不動明王を説く経典
『聖無動尊秘密陀羅尼経』(訓読/解説と真読)、『聖不動経』(訓読/真読)

○不動明王の経典解説

○よくわかる尊像解説

○よくわかる十九観の解説
火生三昧について/肥満の童子形/頂きに七莎髻あり/左に一の弁髪を垂れる/額に水波の皺あり/一目を閉じる/上の唇を噛んで下に翻す/口の中間を閉じる/右手に智剣を執る/左手に羂索を持つ/大盤石に安坐する/身の色が異様な青黒/忿怒の姿/遍身に迦楼羅炎/倶利伽羅龍が剣にまとう/ア、ロ、カン、マンの字は、三身の成仏を現ず/この尊は大日の化なり、使となって諸務を執り/矜迦と誓多とに変ずるは、正に順じて違に順ぜざるなり/修行者の残食を食べる

○不動明王霊験譚
眼病が癒やされ、不動明王の眼に/清浄華院身代わり不動/不動の童子/不動真言でよみがえる/不動の童子が閻魔法王を叱る/那智の滝に打たれる文覚上人/二宮尊徳の不動信仰/市川家のにらみ/病を癒やす不動明王の加持力/ダムに転落寸前に不動明王が車を止める

その他のオススメ商品