[珍談・奇談] 和尚の底抜けな話

価格(税込)
324

編著
青山社編集部編(編)
体裁
B6判・二色印刷・40頁
発行日
2012年6月
立ち読み
PDF
※この商品はのし・包装サービスの対象外となります。

本書について

 禅僧のあんな話やこんな話 ─ 檀信徒に教えてあげたい珍談・奇談を14話収録。布教・教化活動の一助に最適な禅僧逸話集。イラスト入りで読みやすい内容。

収録内容

○菓子で手を打つ(物外不遷)
○酢売りの和尚(桃水雲渓)
○殿様の頭をポカリ(誠拙周樗)
○猛将も一言もなし(益翁宗謙)
○師匠を踏み台に(仙ガイ義梵)
○喝は禅家の常套語(心越興儔)
○早く斬れ!!(南山古梁)
○柳は緑、花は紅(沢庵宗彭)
○とんだ濡れ衣(白隠慧鶴)
○俺じゃ、俺じゃ(大愚良寛)
○荒寺の再興(善光和尚)
○億万円の法衣(橋本峨山)
○手炉の横領(誠拙周樗)
○素っ裸のまま坐禅(雲居希膺)