釈尊誕生和讃

価格(税込)
1,296

編著
新海真堂(監修)
体裁
折本(170×80ミリ)、緞子装本、30頁
発行日
2013年2月
※この商品はのし・包装サービスの対象外となります。

本書について

 釈尊のご降誕を言祝ぎ、衆生済度に尽くされた生涯とご事跡を讃嘆し、報恩謝徳の微志を捧げる和讃。
 旧来、阿波地方で唱えられてきた『釈迦降誕和讃』の数本(それらの漢字は行書体や草書体、仮名は変体仮名で書かれた非常に読みづらいものでした)を新開真堂猊下(大本山大覚寺・元門跡)が校合して、昭和五十年に読みやすい表記で自費出版され、さらに平成十二年に再度校訂されて意に満たないところを訂正し、寺藏版として制作されたものを底本とし、装いあらたに刊行しました。

本書の内容

 本和讃の内容は、まずは釈尊の生地を示す「浄飯王宮生処塔」への帰命頂礼に始まり、ご降誕のあとの獅子吼に続いて、説法利生のご生涯を讃嘆し、最後は釈尊滅後はるかな時を経たる五濁のときとはいえ、東流の遺法に縁を結んでぬかづくことのできる歓びを表明して終わります。
 これらの物語の結構が、品格にあふれた語彙と修辞によって綴られています。大判の経本に大きく鮮明な活字(全文ルビ付き)を使用。裏面には和讃の内容をわかりやすくするために解説と語注を掲載しました。