〈知っておきたい〉涅槃図絵解きガイド

価格(税込)
3,564

編著
竹林 史博(著)
体裁
B5変形判(231×182ミリ)、96頁
別冊付録
「涅槃図 絵解き説法」(B6判・24頁)
ISBN
978-4-88414-155-4
発行日
2013年12月
立ち読み
PDF


本書について

 御自坊の涅槃図がよくわかり、参詣者にやさしく絵解きができる。各地で講演して大好評を得た老師が、わかりやすく読み解く最新のガイドブック。
「涅槃会にわれも往きてをろがまむしづけき老(おい)に入(い)りしものから 」  〈吉井 勇〉
 涅槃会とその絵図は俳句や歌によく詠まれています。それだけ多くの人に親しまれている証であることがわかります。涅槃図を掛け、ちょっと話をするだけで、檀信徒に仏縁を結んでもらう最良の機会になります。本書は涅槃図の絵解き法と活用法を満載した「ものしり百科」ともいえる一冊。

本書の特長

  • 前書にはない、涅槃図の早わかり分類法
    大好評の『よくわかる 絵解き涅槃図』では明らかにしなかった涅槃図の「分類法」。これにより、御自坊の涅槃図がよく理解でき、登場人物の見分け方、時代・様式などが、平易に解き明かされます。

  • 涅槃図に秘められた様々な物語を読み解く
    涅槃図の源流はどこか、涅槃図に見る大乗の教え、満月や沙羅樹など背景の意味、阿難の顔は時代判定の基準となる、猫が描かれる法則、スズメとツバメの話など、一つ一つが説教の話材となり、参詣者をうなずかせます。

  • 涅槃図と葬送儀礼、涅槃図活用法など幅広い内容
    沙羅双樹とシカバナ、末期の水、北枕、枕団子、一本花など、葬送儀礼と仏涅槃の関わりは深く、通夜葬儀に仏涅槃にちなんだ話をするのに役立つ。また町興しとして地区寺院の共同による「涅槃図めぐり」の事例を紹介。

  • 見て楽しめる豊富なカラー図版
    前書より大幅にカラーページを増やし、細部がより詳しく分かる。各寺院に最も普及した江戸期のものを多く掲載し、読んでためになり、見て楽しめるガイドブックです。

  • 寺族も読んでわかる絵解き台本(別冊付録)
    お釈迦さま最後の旅から涅槃会参詣の功徳まで、短時間で話せる絵解き説法の台本を付録にしました。写真入りのやさしい説明なので、寺族の方も檀信徒に話ができます。
  • 目 次

    〔第一章〕涅槃図のルーツを探そう―江戸期涅槃図分類の試み
  • 明兆型
  • 明兆系 完成期型
  • 奈良型
  • 等伯型(奈良型二)―長谷川等伯の系統
  • 奈良系 完成期型
  • 最教寺型
  • 崇福寺型
  • 独創型
  • 補遺……明兆作品を蘇らせた絵師―徳応
    等伯作品のルーツ

    〔第二章〕ここがポイント 涅槃図の見方

    涅槃図の新古の構図/宝床の向きの二形式/釈尊の両手の形は?/蓮華台の枕/お釈迦様の身長は?/お釈迦様の御足/沙羅双樹―1. 葉の描き方を見る/沙羅双樹―2. 花を見る/沙羅双樹―3. 枯葉の表現を見る/沙羅双樹―4. 七本の沙羅樹/錫杖の柄/枕元に届かなかった薬袋/閉眼の阿那律/摩耶夫人―天女の持ち物/阿難―顔が時代判定の基準に?/二つの純陀像/御飯を描きわすれた?/老女と耆婆/帝釈天と梵天/迦葉童子―能問第一の童子/善与竜王のシッポ/速疾鬼のポーズ/八部の神々/白象の牙の数は?/猫のいる法則/雀とツバメの物語/カタツムリの渦は左巻き?/ミミズがいた/草木禽獣までも悲しむ/二匹の動物/ハナクソ?---涅槃会のお供え/染織の涅槃図/木版涅槃図


    〔第三章〕涅槃図活用法活用法
    1. 涅槃図展/活用法
    2. 涅槃図巡り―佐渡ヶ島小木地区の実例/活用法
    3. 葬送法話に

    【資料】涅槃図学の本(江戸〜現代まで)

    その他のオススメ商品

    [よくわかる]絵解き涅槃図

    価格(税込): 3,672 円