[再発見]暮しの中の仏教語法話集〈第一集〉

価格(税込)
6,048

編著
加藤朝雄(著)
体裁
菊判変形(190×152ミリ)、424頁
ISBN
9784-88414-063-2
発行日
2006年04月

本書について

 今、仏教語が面白い!!
 誰もが知っている語句から指摘されて気が付く用語まで……。暮らしの中でふだん使われている仏教語を取り上げ、その語源や用いられ方の変遷を辿ることで、今や息絶え絶えの仏教に、僅かでも息吹を与えることができないだろうか? 現代に生きる私たちの人生を、少しでも豊かにできないだろうか?
 そんな思いで著者が書きためた法話の中から、宗派を問わず住職として知っておくと何かと心強い法話200篇を選び、加筆補正して出版。
 仏教の奥深さがよく分かります。

本書の内容

【あ】挨拶/赤ちゃん・赤心・みどりご/あきらめる/足を洗う/あみだ/あの手・この手・奥の手/暗誦(唱)・暗証/安心【い】一期一会/いっこうに・一向/一心不乱・一所懸命/いってきます・おかえりなさい/一蓮托生/色と欲/因縁【う】嘘も方便/ウヤムヤ・有無を言わせず/ウロウロ【え】縁起・因果/延命【お】お色直し/往生/大袈裟/奥様・山の神・おかみさん/おさがり/お世辞/おだぶつ・念仏/おてんとうさま/天道/おまじない/おれ・おのれ・われ/恩がえし・報恩/隠密

【か】開眼/開示/案山子/餓鬼・施餓鬼/駆け出し・山伏/がたびし(がたぴし)/我慢・頑張る/観光・遊歩・遊覧/堪忍・勘弁/甘露【き】菊・紋/鬼籍に入る/喜怒哀楽/救済・救護・救世/行儀・作法/清水の舞台/義理・人情【く】くしゃみ/愚痴/供養・供給・供物【け】経営/下界・思惑/結縁・縁結び/げん・霊験/玄関【こ】碁・本因坊/高座・上座/向上/心ばかり/固執・水掛論/後生/ごぜんさま・おまえ/ごたごた・ごたく・ごちゃごちゃ/ご馳走さまこんとん・こんこん

【さ】さとり・ひらめき/サバを読む/さらさら・サンサーラ/懺悔/三途の川・賽の河原/三昧【し】自愛・慈愛・慈父・慈母/自覚・不覚/自業自得/地獄で仏/自然/思想/七福神/七曜・曜日/しっぺがえし/邪魔/ジャンケン/自由・自在/宗教・宗師・教師/修業・修行/宿世・宿業・宿願/障害(礙)/生死/精進/冗談・戯論/上品・下品/所詮/しょっちゅう・不断・とかく/所得・所有/初夜/信心【す】ずいぶん/睡眠/図に乗る・調子に乗る【せ】精気・精魂・精勤・精舎/生産・安産・遠慮/制止・停止/世界/世間/施主/世知辛い/説教/絶対・相対/遷化/先祖・子孫/選択/専念/善は急げ・善男善女【そ】相応・不相応/相続/足跡・仏足石/尊敬・尊重

【た】大安吉日/退屈/大黒柱/退治/大事/大衆/大丈夫・丈夫/宝くじ・富籤・おみくじ/沢庵・たくあん/堕胎・堕落/だらしがない・上臘・女郎/丹精・丹念・念願【ち】智慧/地下/ちょうだい・いただきます【て】てきめん・珍重【と】道具・具足/道心・国宝/道理・どうりで/徳用・徳用品/取越苦労

【な】内証(内緒)/なまくさ(なばぐさ)・戒律/南無/難解【に】日常・日用・非常/如意・不如意/人間・人身・ありがとう【ね】願い・発願・願主・二利/ネコとシャクシ【の】のどぼとけ/

【は】馬鹿/葉書・はがき/歯が立たない/旗上げ・一旗上げる/八面六臂・千手千眼/八卦・乾坤/万歳【ひ】悲観/ひどい/秘密/平等・差別【ふ】奉行/無事/不思議/ふしだら・しだら/不動・金縛り/父母・夫・夫人/粉骨砕身/分別【ほ】法律/菩提・菩薩/ホトケ・仏/凡人・凡夫

【ま】魔・悪魔・魔羅/まごころ・信心・洗心/饅頭・押しくら饅頭【み】みこし・御輿・鳳凰/水に流す/未曽有/三日坊主【む】無一物/無常【め】眼・眼差し・仏眼/名誉・名利/迷惑/滅法/面目・真面目【も】もったいない・勿体

【や】ヤブ医者/闇から闇へ【ゆ】浴衣・経帷子/油断【よ】用意・用心

【り】利益/律儀/立派【ろ】老若男女/老年・老熟

【わ】和合・和合衆/われら・みなともに