寺族葬儀 念誦・回向文

価格(税込)
4,104

編著
竹内 俊英(著)
体裁
折本、緞子装本、60頁
ISBN
978-4-88414-173-8
発行日
2015年06月
立ち読み
PDF


本書について

 住職を内助し、子弟の育成と山門の興隆に尽くされた寺族を送るにふさわしい清明な念誦・回向文。

本書の特長

多年の功に報謝し追弔するために
 仏前の奉仕、寺院内外の清掃、後継者の養成、来客の接待、社会奉仕など、さまざまな方面において、寺門の興隆に生涯を捧げてこられた人─寺族の生前の功を謝し、旅立ちの資助となるよう、心のこもった文言を用いた新しい念誦・回向です。

難解な語を用いず聞いてわかる
 葬儀を「形」としてでなく、「心」が伝わることに重きをおいて『心が伝わる引導法語集』『喪儀授戒作法』(小社刊)等を著してこられた師による平明な回向文例。

実用向きの大判サイズ
 念誦の実際に用いやすい大判サイズの折り本仕様。寺族忌法語・檀家総代の弔辞文例・塔婆書式等を併せて収録。葬儀・年忌の諸仏事に活用できます。

本書の内容

  1. 臨終諷経
  2. 通夜諷経
  3. 大夜念誦
  4. 入龕諷経
  5. 挙龕念誦
  6. 山頭念誦
  7. 安位諷経
  8. 中陰供養
  9. 忌明・年忌法事
  10. 寺族葬儀 差定
  11. 寺族忌法語(三首)
  12. 弔辞(檀信徒総代)
  13. 位牌・塔婆書式

寺族葬儀─差定

【通夜諷経】殿鐘三会/七下鐘上殿(拈香法語)/挙経/回向/導師退堂
【大夜念誦】小鐘一会/七下鐘上殿/念誦/十仏名/挙経/回向/散堂
【通夜説教】

○葬儀当日
【入龕諷経】小鐘一会上殿/梅花奉詠/般若心経/回向/導師退堂
【仏事師上殿】殿鐘三会/七下鐘
【挙龕念誦】念誦文/十仏名/大悲呪/鼓鈸三通/大宝楼閣善住秘密根本陀羅尼/鼓鈸三通
【弔 辞】小鐘一会
【奠 湯】
【奠 茶】
【秉 炬】引導法語
【山頭念誦】念誦文/十仏名/修証義/回向/鼓鈸三通/散堂
【弔 電】

編者のことば(本書「付記」より)

 「法要儀式における読経は、それだけで仏行として完結しているのに、回向文を付するのはなぜか」
 回向文は文字のとおり、祈りの対象に向け、読経した者のおもいを伝えるために必要な言葉です。仏説であるお経は改変すべきではありませんが、回向文はちがいます。ときに合わせ、自他に理解される言葉を選ぶべきと考えました。
 この寺族のための回向文は、聞いてもわかるように難解な語句を避け、新たに作文いたしました。読経に込めた真意を志す方に伝えるために、ささやかなたすけとなりますように、祈念いたします。