[初心者のための]道場荘厳の道標~中・三両流を中心として

価格(税込)
4,860

編著
新開 真堂(著)
体裁
菊判変形、上製本、函入、172頁
ISBN
978-4-88414-070-0
発行日
2007年02月

申し訳ございません。こちらの商品は品切れとなっています。ただいまのところ再刊の予定はございません。

本書について

 中院流と三憲流の道場・本尊・曼荼羅・壇荘厳・荘厳具等々について、写真や図を添えて易しく説いた好著。初学の方はもちろんのこと、ご住職の座右の書としてご利用いただければ幸甚です。

目次内容

1、道場について
道場の形式/道場の内陣と外陣/様々な道場荘厳についての基本意得

2、本尊について
本尊奉安の場所/須弥壇/諸尊の表現様式

3、曼荼羅について
曼荼羅の意味/曼荼羅の種類/両部(両界)曼荼羅とその掛け方

4、八祖大師について
八祖大師の見分け方/八祖大師の掲げ方

5、十二天屏風について
十二天屏風と十二天

6、壇とその荘厳の仕方について
壇について/大壇の大きさと形について/小野方と広沢方の大壇の違いについて/壇敷について/壇引について/四橛について/大壇上の法器・法具類、および供物について/大壇の付属品、その他内陣の仏具・供物等について/密壇について/各種包みの折り方について/天蓋について/前机と五具足について

7、道場内のその他の荘厳具類について
祖師像/御簾/幡/華鬘/雪洞・灯籠/三方/折敷/高坏/華足/段盛台/鐃と鉢/華籠と華弁/錫杖/その他の法具

※本書は著者が大覚寺門跡に選出される前にお預かりした原稿を編集して、刊行の運びとなったものです。