[法語入れ]錦嚢〈きんのう〉

価格(税込)
4,104

編著
青山社(製作)

※手工芸品につき大量生産ができないため、記念品などでまとめてご購入いただける場合は納期に充分余裕を持っていただけますようお願いいたします。

商品について

 引導法語、拈香法語、啓白文、諷誦文、弔辞・祝辞等、各種法要の文書(かきもの)を収納して携行するのに最適。法要儀式をより厳かにします。

仕様・サイズ

【仕 様】
表地…ポリエステル地・正倉院柄
裏地…レーヨン地(古代紫色)
マグネットボタン付き・三つ折り仕様・ 紙箱入

【サイズ】
(折り畳寸法)縦32cm×横10cm
(開けた時)縦32cm×横29.3cm

本商品の特色

香語・諷誦文等の袱紗として―
香語等の大切な書き物を、美しく装うとともに、傷めることなく収納し携持いただけます。

法要の荘厳を増す体裁―
上品で荘重な趣のある正倉院柄。マグネットボタン付きで使いやすく、法要の威儀をおのずと高めます。

「錦嚢(きんのう)」とは…… (『大辞泉』の解説より)

  1. 錦(にしき)で作った袋。
  2. 《唐の李賀が、道を歩くときにも下男に錦の袋を持たせ、詩ができると入れたという故事から》詩文を入れる袋。
  3. 他人の詩をほめていう語。

イメージ