引導法語―作り方と用語集

価格(税込)
5,940

編著
青山社編集部(編)
体裁
菊判、カバー装、490頁
ISBN
978-4-88414-166-0
発行日
2014年9月
立ち読み
PDF

本書について

 引導法語の型をなす各部の模範文例〈語句〉を組み合せて、やさしく作れる最新の資料集。

本書の特色

わかりやすい引導法語の作り方
初めに「引導法語の作り方」で、法語の型と各部について詳しく解説。次に本書の用語集を使った作例をいくつか示し、どのようにして作るかの手引きとした。

頌から脚までの文例を組み合せて作る
用語集では、構成を「頌・八字称・隔対と直対・漫句・脚句」とし、各部の文例・語句を韻別に分類して集録。平易な表現の用語も数多く載せ、季節や故人に応じた句を選んで作ることができる。

豊富な語句と理解の便となる語注付き
漢文・訓読の二段に組み、用語の意味を付しており理解しやすい。一から作るのではなく、他の実例を部分的に変えて作成する場合でも、適した文例を探すのに重宝する。

本書の内容

引導法語の作り方
引導法語の形式/引導法語の実例/本書を使って引導法語を作る/奠湯奠法語の作例

用語集(それぞれ韻別に収録)
  • 頌……法語の初めに唱える七言絶句。
  • 八字称……故人の徳・性格を総括した四字の対句。
  • 隔対・直対……故人の経歴・徳行・死去などを表す四六文。
  • 漫句……仏国土に帰元する心境をたずねる結びの語。
  • 脚句 ……一転語ともいい、転迷開悟の働きをなす対句。

  • 〈付録〉職業別歎徳句

    豊富な収録語句

  • 頌 420句
  • 八字称 780句
  • 隔対・直対 1230句
  • 脚句 1220句
  • このような方に重宝します

  • 「引導法語を自分で作るための用語資料がほしい」
  • 「他の実例を変えて故人に相応しい法語にしたい」
  • 「文例の意味を知りたい」