NEW

やさしい言葉の引導法語集

価格(税込)
4,180

編著
青山社編集部
体裁
四六判、上製、300頁
ISBN
9784-88414-214-8
発行日
2019年11月

本書について

拈ずれば香りとなり贐となる──
故人の徳と死と活仏国土への導きをやさしい言葉で説いた 最新の和文法語集

本書の特色

●意味がわかる和文引導法語
 漢文体による引導法語は、厳粛にして荘重な趣きがある一方、禅語・漢語の難解さゆえに、一般の人が聞いてもほとんど理解できません。
 本書は、伝統的な型を活かしながらも、韻文の平仄や押韻に依らず、平易な和文を用いて作成した、新しい引導法語作例集です。
 たとえば、引導法語のはじめに唱える頌の一例として──
  道をたずねて 人は野に迷い
  人を照らして 月は空をわたる
  善根功徳 温厚の士
  仏の恩に感謝し 晏如に逝く
などと、七言絶句の形式にとらわれず、理解しやすい内容です。
●四季折々の法語と季節を問わない法語、八十九章
 季節に応じた法語(頌で表現する)と、季節を問わず使える法語、合わせて八十九章を収録。各見出しに、老若男女・職業等を記し、選びやすい内容。
 見開き一章の読みやすい構成。各章から部分的に使うなど、自由に組み合わせて、活用することができます。
●漢和対照の平易な引導法語二十一章
 「漢和対照 引導法語」は、漢文と訓読を対照して二段組にしたもので、小社刊『続和文引導法語抄』を改訂抄録し、新たに漢文を加えた。古徳の法語に比べ平易な内容です。
●年回法要から啓白文まで─諸法要香語六十五章を併載
 「諸法要香語」は、年回法要から動物供養までの仏事香語と各種啓白文を掲載しました(小社刊『施主法要香語集』他からの再録です)。

本書の内容

やさしい言葉の引導法語
正月(三章)/春(十六章)/夏(十六章)/秋(十六章)/冬(十四章)/無季 善男(八章)・善女(六章)・兼用(十章)

漢和対照 引導法語
春(四章)/夏(七章)/秋(八章)/冬(三章)/無季(一章)/奠湯法語(二章)/奠茶法語(二章)

諸法要香語
大練忌法要(二章)/年回法要(八章)/年回法要(寺族 三章)/年回法要(檀家総代二章)/二霊忌(三章)/墓碑開眼(二章)/納骨供養(一章)/仏壇開眼(一章)/檀信徒総回向等(十二章)/寄進者感謝法要(二章)/護持会・婦人会等(八章)/開基供養(三章)/祠堂会(二章)/殉職者追悼法要(一章)/慰霊祭(一章)/無縁塔供養(一章)/動物供養(二章)/葬送の辞(一章)/大練忌供養之文(一章)/年回追善供養之文(一章)/祖先供養の辞(一章)/彼岸会 啓白文(一章)/仏壇遷座 啓白文(一章)/はっけん会啓白文(一章)