文殊菩薩 〈諸尊別─檀信徒教化シリーズ 5〉

価格(税込)
660

編著
下泉全曉(編著)
経本
折本・174×74ミリ・30頁
発行日
2013年11月
立ち読み
PDF
※この商品はのし・包装サービスの対象外となります。

本書について

文殊菩薩の功徳を説く経典。
文殊信仰の手引書・檀信徒への教化に最適です。

著者の言葉

 三人よれば文殊の智恵という言葉で知られるように、文殊菩薩は智恵の仏さまです。『般若経』や『維摩経』『華厳経』といった代表的な経典のなかで、仏法の智恵の第一人者として文殊菩薩は描かれています。
 もつれた麻縄をすっぱりと断ち切る鋭い剣のように、煩悩や苦しみを断ち切ってくれる文殊の智恵。手に持つ剣は智恵を象徴しているものです。子供に智恵を授かるという「十三詣り」から、受験に功徳があるとされて、各地の文殊霊場は広く信仰をあつめています。
 『文殊師利般涅槃経』は、このような文殊菩薩を礼拝供養することの功徳を説いた経典です。

本書の内容

開経偈/仏説摩訶般若波羅蜜多心経/仏説文殊師利般涅槃経(抄録)/文殊菩薩真言/祈願文/回向文

○『仏説文殊師利般涅槃経』の概要