[曹洞宗]信者宝典

価格(税込)
5,616

編著
富盛禅雄(著)
体裁
菊判、360頁
ISBN
9784-88414-054-0
発行日
2005年02月

申し訳ございません。こちらの商品は品切れとなっています。ただいまのところ再刊の予定はございません。

本書について

 葬式・法事など仏事の正しい理解と指導のために、宗侶・寺族・子弟が知っておくべき常識百科。「曹洞宗常識宝典とも称すべき素晴らしい指導書」等々、全国の曹洞宗寺院に反響を呼んだ名著の改訂新。
 本書は故富盛禅雄老師が、葬式・法事をはじめ各種の行事について、その意義や由来がよく理解できて実用にも役立つ解説書の出版を発願し、七年に亘る研鑽と資料蒐集を経て上梓した畢生の労作である。昭和53年の初版以来、洞門寺院に好評を博して六版を重ねた。
 諸仏事には、慣習・儀礼化して本来の意義が失われているものが多く、地方による習俗の違いもあり、寺院の適切な指導と運営がますます必要とされてきている。本書は「信者宝典」という書名ながらも、むしろ指導的な立場にある宗侶が一読すべき事項を満載しており、諸仏事の指導に役立つ啓蒙書である。本書で活用した文献資料は多岐に亘り、杉本俊龍老師等、諸先徳の教示を受け、内容の充実と正確を期している。また随所に地方の行事・慣習を紹介し、仏教と民俗の関わりを知ることができる。新版に当たって改訂を加え、文意を補うため図版を多数掲載し、検索に便利な用語索引を付した。

本書の内容(抜粋)

第一章 曹洞宗と両大本山
  1. 曹洞宗の宗名
  2. 宗旨(宗旨の名称/宗旨/教義/仏法僧の三宝/坐禅について)
  3. 両大本山
  4. 曹洞宗の組織と運営(管長/宗務庁/宗議会/審事院/宗務所と教区事務所/宗門の教育機関)
  5. 十種の勅問と總持寺
  6. 永平寺の紋章
  7. 総持寺の紋章

第二章 仏菩薩と諸天
  1. 寺院(寺の異称/寺院の初め/中国と日本の七堂伽藍/曹洞宗の七堂伽藍/伽藍の略解/内陣と外陣の図解/須弥座と須弥壇/修行道場より檀信徒の道場へ/過疎地の寺院/檀家)
  2. 仏菩薩と諸天(本尊と三尊/曹洞宗の本尊/脇士/大権修理菩薩/鎮守の神/韋駄天/烏樞沙摩明王/跋陀婆羅菩薩)
  3. 仏部の尊像(仏陀と如来/仏像の分類/仏・菩薩像の着衣/明王と天部の服装/仏像と印相/釈迦牟尼仏/阿弥陀如来/薬師如来/大日如来)
  4. 菩薩の部(観世音菩薩の三十三変化身/六観音/聖観音/十一面観音/千手観音/如意輪観音/馬頭観音/准胝観音/不空羂索観音/聖像/大勢至菩薩/弥勒菩薩/虚空蔵菩薩/妙見菩薩)
  5. 明王の部(明王像の特徴/不動明王/降三世明王/軍荼利明王/大威徳明王/金剛夜叉明王/愛染明王)
  6. 天部の尊像(密迹金剛力士/那羅延堅固王/十六善神/四天王/竜天/大黒天/三宝荒神/金毘羅/吉祥天/辯才天/庚申/鬼子母神/天部の善神)

第三章 在家の葬法
  1. 葬儀の意義……葬式の意義/四種の葬法(火葬の起源/火葬の普及/土葬の種類)
  2. 遺体の安置と枕経……曹洞宗の安心と念仏(感激の念仏/臨終と中陰の念仏/念仏を励行せよ)末期の水/臨終から枕経まで(北枕/浄米/枕膳/枕団子/守り刀/枕経)/葬儀の準備(通知/供物と葬式用具/食事の準備と買物/香典係/その他の雑務)/お通夜と燈明(逮夜/一本線香)
  3. 新亡の装束……死装束(経帷子/頭陀袋)/棺上覆衣/廃れようとしている行事(湯灌と剃髪/浄身/一本華/妻は髪を切る/笠・杖・蓑/布帽子)
  4. 葬場の荘厳……位牌/四華/蓮の華/七本竹と無常偈幡/天蓋/花籠/喪服/幕
  5. 葬送の儀式……内諷経(参列者の心得/内諷経/告別式/棺と龕/最後のお別れ/霊柩車/門火と掃き出し/旧来の葬送行事(かどぞうれん/善の網/草鞋と草履)/山頭の儀式(龕は親族がかつぐ/鼓鈸/三頭三匝/法炬と钁子/引導の意義/引導の起源/仏事師/荼毘の時刻/収骨と分骨と代骨/補遺)
  6. 地蔵尊と六道……六地蔵/六道輪廻(地獄道/餓鬼道/畜生道/修羅道/人間道/天上道)/地獄極楽絵図(「三途河」と岸辺の鬼婆/抜刀した武士/業鏡/剣山/大臼の人間/亡者の釜ゆで/鬼が舌を抜く/罪の軽量を計る鬼/火の車/餓鬼の飲食は炎を化す/極楽)
    地蔵尊の信仰/六道銭(ビタ一文)/紙銭
  7. 香典……形見分け/礼状文例/香典の書式と供え方
  8. 中陰供養……中陰(中有の状態/中陰の仏事/読経と食事)/安位諷経/開蓮忌の法事/念仏と読経/仏の相伴/七本塔婆/十王経と十三仏/喪中と忌明の行事(喪と忌み/四十九日の法事/四十九の餅/忌明)/両墓制

第四章 供養と廻向
  1. 供養と仏壇……供養/祖先供養の辞/仏壇/過去帳/合掌/礼拝
  2. 法供養と経典……法供養/経典(お経の功徳/読経の心得/写経/身読の功徳/経典の成立と陀羅尼)
  3. 種々の財供養……財供養/香(香は仏の使者/香と無常観/線香の立て方と焼香の心得/香の種類)/浄手と触手/華/燈明/水と茶と食/各種の供養/大布薩会
  4. 廻向と法事……廻向/法事と仏事の意義/命日/卒哭忌/小祥忌と大祥忌/清浄本然忌(三十三回忌)/阿円忌(五十回忌)/一会忌(百回忌)
  5. 塔婆と墓……塔婆の起源/塔婆と五輪塔/塔婆は仏塔/墓について/墓の建立と開眼供養
  6. 施食会……施食会の由来/在家の施食会

第五章 年中行事
民間の正月準備(門松/しめ飾り/鏡餅/歳徳神/縁起もの/七福神と宝船)/除夜の行事/正月の行事(正月の今昔/寺院の正月行事/初詣と年始/仕事始めと鏡開き/小正月/とんど/二十日正月)/節分と追儺式/彼岸会(彼岸会の意義/人格錬成週間/彼岸会の起源)/盂蘭盆会(迎え火と送り火/精霊棚と棚経/お盆と燈籠/万燈会と貧者の一燈/仏さん拝みと盆踊り/なすやきゅうりの牛馬/藪入りと閻魔の斎日/中元)/三仏会(涅槃会/降誕会/誕生仏/成道会)/達磨忌(達磨略伝/蘇生した達磨/日本渡来の達磨)/両祖忌と両祖降誕会(高祖承陽大師略伝/太祖常済大師略伝)

第六章 仏教百題
仏教/仏教と因縁/三時業/大乗と小乗/般若と智慧/五智と五仏/布施と随喜/精進/忍辱/日本仏教略史/顕教と密教/東密と台密/六度と十度/日本の臨済宗/黄檗宗/方便/嘘も方便/十地/なぜ西方に浄土があるか/本願寺/東本願寺/一向宗/本願寺と秀吉・家康/三世と十方/聖道門と浄土門/八万四千の法門/十大弟子/三十二相/三十三天/如来の十号/三十三観音/仏弟子・仏者・仏天・仏戒・仏子/仏祖・仏典・仏法/世間と出世間/四聖六凡/三明六通と三災/五力/十六羅漢と五百羅漢/外道/維摩居士/師子座と猊下/梵天・帝釈と光音天/お守り/干支と信仰/五欲と四恩/神と仏/縁日/三界と娑婆/浄土と穢土/五逆罪と十悪/五戒と十戒/九品と十善/賽の河原/三途の河/鬼/施主と坊主/出家の剃髪/僧伽と四衆/感応道交と衆生済度/逆修/三毒と三徳/反省の心/四苦八苦/四大不調/往生/五観の偈/病雀と窮亀/山号/五山/開山と開基/開山堂/菩提寺/禅宗の三黙堂/方丈・書院・飯台座/伽藍神/勧請と勧進/禁牌石/般若湯/光伴/住持と住職/宗学・宗乗・宗規/各宗住職の敬称/梵鐘/殿鐘・雲版・木版/荘厳道具/前机と中央卓/洒水器と戒尺/拝敷/高座・曲ろく/坐褥と坐蒲/警策/三衣一鉢/振鈴と開枕/小食・斎食・薬石/坐具/払子・如意・笏/木魚/数珠/辞書にない難字/生活信条数え歌

第七章 法名戒名の選定
法名と戒名/戒名と十六条戒/法号と道号/戒名選定の三選三除/俗名本位の戒名/夫婦一対の戒名/男女相応の俗名/各宗の法名戒名の特色/位号/信士と信女/禅定門と禅定尼/居士と大姉/軒号・斎号・庵号・房号/院号・院殿号・寺号/童子・童女等/寺族の位号/位号等の種類

●用語索引

著者略歴

【富盛禅雄】
大正2年3月生、同14年4月得度、昭和18年4月鳥取県倉吉市永昌寺住職、平成13年5月 遷化 世寿89歳