いつもせいざんしゃ.comをご利用いただきありがとうございます。

6月27日(木)から7月2日(火)の間、大阪市内で「G20サミット」が開催されることに伴い、大阪市内で大規模な交通規制が実施されます。
この影響のため、上記期間にご注文いただきましたお荷物について、お届けに遅れが生じる可能性があります。
また、上記の期間はお届け日時の指定をお受けすることができません。
詳しくは以下をクリックしてください。
【ヤマト運輸お知らせ】

お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

バックナンバー

今月の仏教俳句歳時記

も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城

 草木も花を収めて雨に潤う時節です。梅雨はときには長雨となり、終日終夜降りつづくことがあります。自然の運行なのですが、人は自分の都合で、天気が良いとか悪いとか言います。天帝の気持ちはさておき、多くは自分に合わせて可否を論じます。
 日和下駄を商う長男の商売を案じて今日の雨を憂い、傘屋の次男の商売を心配して日照りを恨む老母のたとえもあります。
 悪い方に受け止めて暮らすより、雨も日照りもどちらかの恵みと考えて暮らす方が、楽天的ながら無難といえましょう。(中略)
 遮莫、蕭々軒の雨もやがては止むはずです。そしたら境内の草取りと己が雑念を払わなくてはなりません。(文:遠藤長悦老師)
     

バックナンバー