いつも青山社をご愛顧下さいまして、誠にありがとうございます。
大型連休期間中の発送・お問い合わせについてご案内申し上げます。
 ■4月26日(金)・・午前中受付分まで当日発送
 ■4月27日(土)~5月6日(月)・・休業期間
  (発送・お問合せの受付休止)

 ■5月7日(火)・・通常営業
  (午前中受付分まで当日発送)
※なお休業期間中もwebやFAXでご注文いただけますが、発送につきましては5月7日(火)以降となります。
休業期間中のお問い合わせには、5月7日(火)以降に順次返信させていただきます。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

バックナンバー

今月の仏教俳句歳時記

故郷やどちらを見ても山笑ふ 正岡子規

 「山笑ふ」は中国の漢詩集『臥遊録』にある「春山淡冶にして笑ふがごとし」から来た春の季語です。木々が芽吹きはじめる春の山は、全体的に淡い色合いとなり、おだやかに笑っているような表情が感じられます。俳句には他に秋の「山粧ふ」、冬の「山眠る」という季語があります。
 正岡子規は松山の出身なので、どちらを見ても山で、郷里に帰ると四方の山が優しく迎えてくれたことでしょう。
 日本は海と山に囲まれた国で、特に山奥は人跡を絶し、昔は狐狸妖怪の住む怖ろしい所であると同時に、先祖が神となって子孫を守ってくれる崇敬すべき所でした。
 だから昔の人が四季折々の山の姿に、人間的な表情を読み取ったのも当然といえるでしょう。      

バックナンバー