いつもせいざんしゃ.comをご利用いただきありがとうございます。
このたび、施本・授与品につきまして単品販売を開始いたしました。詳細は各商品詳細ページをご覧ください。(※一部対象外商品がございます。)

バックナンバー

今月の仏教俳句歳時記

肌寒しおのが毛を噛む木葉経 〔蕪 村〕

 「下総の檀林弘経寺という寺に、狸が書写した木の葉のお経があった。これを『狸書経』と云って、念仏門に大変珍重された」と作者自ら解説している。
 同寺(浄土宗)の縁起によれば、狸が僧に化けてこの寺にいたが、狸であることを見破られて、自ら死ぬとき、書き残したものがこの〈木の葉経〉で、住職の外、他見を許さずという。
 己が毛は狸の毛のことで、その毛を筆にして書写したというわけです。蕪村は三十代のころ関東の各地を遊歴し、結城の弘経寺のあたりに一時、寓居していたといわれます。また狐、狸の怪異変化が好きだったようで、
  秋のくれ仏に化(ばけ)る狸かな
  化(ばけ)さうな傘かす寺の時雨かな
などの句があります。      

バックナンバー