NEW

詩偈教室作品集 半途

価格(税込)
4,950

編著
大阪詩偈教室(編)
体裁
A5判、上製本、368頁
ISBN
9784-88414-222-3
発行日
2020年11月

本書について

詩偈と香語を作る宗侶のために
ともに学び、ともに作る「詩偈教室」 半途の結実、四六〇篇

本書の特色

◆詩偈に親しみ、自作に役立つ好個の参考書
 本書は大阪府内有志の宗侶により平成十九年(二〇〇七)に発足して以来、詩偈を学んできた「詩偈教室」の作品四六〇篇を集録したものです。
 『禅林詩偈用語集』、『遺偈に学ぶ.』、『自分で作る禅林法語集』等の編著者、
村上信道老師をはじめとして、熟達と初心を問わず参加し、これまでに六十回を重ね、その研鑽の成果は、詩偈を学ぶ人の適切な参考書となります。
◆漢詩の作り方から豊富なテーマの実作まで
 はじめに、やさしい漢詩の作り方・ルールを解説。
 「教室」ではその都度、様々なテーマを設け、三佛忌、本山焼香師、先住忌から、恒規法要、開講式、遺偈、晋山賀偈、四季折々の詩偈まで、自作の参考となる内容を網羅。法要により腹・脚などを含めた香語作例も収録。
◆初心者を対象として作詩の道程がわかる編集
 「詩偈教室」では、各自の作品に対して、添削や意見交換がなされ、修養向上の資としている。本書はできるだけその過程がわかるよう編集し、留意すべき平仄等の決まりごとが明示される。また平易な表現や、今日の時事を詠んだ現代的な作品も掲載し、親しみやすい。

本書の内容

詩偈教室のルール(作詩法)
佛祖忌・開山忌・先住忌の部 
 佛降誕会(17)/佛成道会(10)/佛涅槃会(22)/達磨忌(13)/両祖忌・本山焼香師(24)/孤雲懐奘禅師遠忌他(17)/各寺開山忌・歴住報恩(23)/先住忌(10)
恒規法要の部
 大般若会(15)/彼岸会(17)/施食会・盂蘭盆会(45)/臨時法要の部/授戒会(10)/開講式(11)/開光・点眼(8)/葬送・哀悼・中陰 等(27)/東日本大震災物故者追悼(8)
遺偈・賀偈・詩偈の部
 遺 偈(20)/賀 偈(晋山式・落慶等)(18)/歳旦・年賀(41)/春夏秋冬(77)/修証義(23)/百丈野狐等の公案(5)/改元・令和(11)/平和・減災祈祷(10)

詩偈を作るのは難しくない

詩偈(七言絶句)は七言四句から成る定型詩で、七言は上の四字句と下の三字句により構成されます。
「詩偈教室」では、『禅林詩偈用語集』等から四字と三字の用語を選んで作製した作品も多くあります。
自分で作ることにより興味がわき、人の作品にも親しむことにより、もっといい詩偈を、と研鑽を深めていくことができます。

半途とは

 道元禅師『学道用心集』の「参学の人、且らく半途にして始めて得たり、全途にして辞すること莫れ」から来ています。
 「学道という道は、半分の道のりまで来てはじめてやっと〔真実の道とは何かが〕分かりはじめるものである」(『道元禅師全集』)と解説されているように、一句一篇の詩偈の作製も、常に半途の歩みであるとの思いを込めて命名しています。