増補 室内住職学随聞録

定価(税込)
9,900

著者
渡会仙定
発行
滴禅会
体裁
A5版・上製函入・582頁

※この商品は取り寄せ商品になりますので、お届け日の指定はできません。

申し訳ございません。こちらの商品は品切れとなっています。

本書について

旧著 244頁 19 講が増補582頁40 講に!!
増補というより新本というべき洞門作法・心得宝鑑。

本書の内容

※は新たに増補された章

一、切紙について
二、洞上洒水作法
三、仏·菩薩点眼安座法
四、位牌·石塔点眼法
五、撥遣法
六、印相について※
七、在家法事作法
八、塔婆点眼法
九、新亡授戒法
一〇、戒尺について
一一、十仏名について※
一二、下炬法 ※
一三、移墓法 ※
一四、塔婆と書式※
一五、無縫塔 ※
一六、無縁供養塔の建立と千燈供養
一七、受衣作法
一八、大法衣三拝
一九、仏祖礼※
二〇、竜天看経法
二一、礼拝について
二二、歳末諷経※
二三、大般若経転読法会※
二四、立春・鎮防作法
二五、三宝印搭法※
二六、諱印と号印 ※
二七、払子について
二八、拄枝について
二九、湯串について
三〇、禅林七堂伽藍口訣 ※
三一、本堂について※
三二、巡堂 ※
三三、楞厳心咒について※
三四、陀羅尼※
三五、木魚※
三六、五種供養について※
三七、可漏と拝表について※
三八、嚫金※
三九、出班焼香法
四〇、五磬拝法
附   本堂修復法要

洞門諸作法の本義を知るために(増補版「あとがき」より)

婆々親切の講伝録
 さて「室内学」は住持の日用の要心、化導の儀規、 三物の口伝などを説くものであります。 杉本老師は よく講伝会の申込みはあるが、葬式、法事、点眼など住職の化儀上の作法の注文ばかりだ。宗乗の奥義、室中の口伝、三物の深義を講じてくれという話はない、困ったものだとなげきつつも、化導の儀規についてもいかにして宗意に合せるかということでいろいろ苦心をし講伝されてみえました。今回はそうした点についても詳述したつもりでありますので、何卒本書を通じ宗意宗乗を噛みしめて頂きたいと思う次第であります。